ソリューション一覧

EIM-88C1 バス型高精度容量センサー

概要

EIM-88C1は、レーザ切断用の新しい世代のEtherCAT(R)バスタイプの高精度静電容量センサーです。レーザヘッドとワークピース間のセンシング容量を測定し、CNCシステムによって高さが計算されるように設計されています。
EIM-88C1は、レーザヘッドとワーク間のセンシング容量を高精度にリアルタイムで取得することができます。 レーザヘッドの機械的構造と較正方法により、測定範囲は最大40mm、精度は最大+/- 0.001mmです。
EIM88C1は、干渉や適応能力に対する耐性を高めるために、容量性の新しい取得原理を用いて設計されています。 レーザヘッドの機械的構成によっては、EIM88C1の静的ジッターは+/- 0.001 mmまでです。 EIM88C1は、3Dからフラットまで幅広いレーザヘッドに適しています。


製品特性
  • 測定範囲:40mm、調整精度:+/- 0.001mm
  • 強化された妨害防止機能と適応性
  • バス制御
  • コンパクトサイズ
  • インストールが簡単
技術的パラメーター
電源モード: EIMシリーズカプラ電源
入力信号の接続方法: 専用マッチングワイヤーハーネス
入力信号チャンネル: 1チャンネル
通信インタフェース: PBUS
24V消費電流: 17mA(typ)
Pバス電流消費: 標準値 360 mA
構成: アドレスなしまたは設定の構成
容量出力サンプリングレート: 1000 Hz
動的高さに対応する精度: +/- 0.001 mmまで
(レーザヘッドの機械的構造および較正方法に依存する)
定常状態の高さに対応する精度: +/- 0.001 mmまで
(レーザヘッドの機械的構造および較正方法に依存する)
最高速度: 1000 mm/s
(サーボモータとネジピッチに依存)
インジケータランプ: 電源インジケータx1;
通信リンクインジケータx2;
動作ステータスインジケータx1;
ポートインジケータx3
電気絶縁: 500 Vrms(電源電圧/フィールドバス)
作業温度: -20℃〜+ 65℃
保管温度 -40℃〜+ 65℃
動作湿度範囲: 相対湿度 10〜95 %、結露しないこと
保護/設置度: IP20 / DINレール取付
重量: 約120 g