切断ヘッド製品一覧

BM115シリーズ 8KWオートフォーカス2Dレーザ切断ヘッド

概要

BM115シリーズは、2018年にスイスのRAYTOOLS AG社から発売された新しい8KWオートフォーカスファイバー切断ヘッドです。
この製品にはモーターとドライブユニットが内蔵されており、リニア機構で焦点位置を自動調整します。ユーザーは、プログラムを介して連続的に焦点を設定して、厚いプレートの迅速なミシン目を完成させ、異なる厚さおよび材料のプレートを自動的に切断することができます。
この製品には、さまざまなファイバーレーザに対応できるように、さまざまなインターフェイス設定で、ビームを統合するための光学的開口部の複合レンズ群が装備されています。 最適化された光学設計と水冷設計により、レーザヘッドは高出力で長時間連続安定して動作させることができます。

特徴

  • 高速穴あけ&切断: シールを確実にするための統合設計。QBHファイバーインターフェイスを改善し、レーザの互換性を向上させ、漏れた錆およびその他の理由で不良化しない
  • 高効率冷却: コリメーションレンズと集光レンズはそれぞれ水冷式。ノズルの空気流を冷却し、ノズルとセラミックを効果的に保護し、作業時間を延長する
  • 高速切削: 25mm炭素鋼板プレ穿孔時間<2s @8000W、大幅に切断効率を向上
  • 大きな開口径: 36.1mmの開口径により迷光干渉を効果的に低減、切断品質とサービス寿命を保証
  • オートフォーカス: コリメートされた焦点では、焦点はより速く移動
  • 高許容パワー: D38.1レンズ群を使用して、1μmで定格パワー8kW、厚板の切断にはより便利

仕様

定格パワー < 8 KW
ファイバーインターフェイス QBH, QD
開口径 36.1 mm
オートフォーカス
 − レンジ +15〜−20 mm (FL150), +20〜−25 mm (FL200)
 − 加速度 < 10 m/s2
 − 速度 < 15 m/分
 − 精度 < 50 um
カバーガラス
 − コリメータレンズ側 φ38 x 1.5 mm
 − 集光レンズ側 φ37 x 7 mm
コリメータ焦点距離 100 mm
集光レンズ焦点距離 150 mm, 200mm
ノズル
ノズルチップ径 シングル、ダブル、カスタム
0.8mm, 1.0mm, 1.2mm, 1.5mm, 2.0mm, 2.5mm, 3.0mm, 3.5mm, 4.0mm, 4.5mm, 5.0mm
アシストガスの圧力 <30 bar
重量 〜 6.5 kg

寸法