切断ヘッド製品一覧

BM109シリーズ 1.5KW オートフォーカス2D切断ヘッド

概要

BM109シリーズは、RAYTOOLS AG社が2017年にリリースした1.5kW以下のファイバーレーザ加工用のオートフォーカスレーザ切断ヘッドです。
この製品には、17mm以内に自動的に位置を調整するリニア機構を介して集光レンズを駆動するモーター駆動ユニットが組み込まれています。お客様は、異なる厚さの材料を高速ピアス加工および切断加工が行える連続焦点のプログラムを設定することができます。
BM109は、回折限界の光学効果を達成できるレーザビームをコリメートして集光するように設定されたD28直径レンズを搭載しています。 水冷構造により、レーザヘッドを安定して長期的に動作させることができます。

特徴

  • 最適化された光学構成、スムーズで効率的なエアフロー設計
  • オートフォーカス範囲は+8〜−9mm、精度は0.05mm
  • D28直径レンズセット、最大光入力パワーは1.5KW
  • 集光レンズの最大加速度は10m/s2、最大速度は6m /分
  • コリメータレンズと集光レンズはすべて、カバー(保護)ガラスモジュールで保護。コリメータレンズと集光レンズを効果的に保護
  • 引き出しタイプのレンズマウントで、保護ガラスにすばやく簡単にアクセス可能

仕様

定格パワー 1500 W
ファイバーインターフェイス QBH, QD
開口径 26 mm
オートフォーカス 
 − レンジ +8 〜 ー9 mm
 − 加速度 < 10 m/s2
 − 速度 < 6 m/分
 − 精度 < 50 μm
カバーガラス
 − コリメートレンズ側 φ24.9 x 1.5 mm
 − 集光レンズ側 φ27.9 x 4.1 mm
コリメータ焦点距離 100 mm
集光レンズ焦点距離 125 mm, 150 mm
ノズル<ノズルチップ径/td> シングル、ダブル、カスタム
0.8mm, 1.0mm, 1.5mm, 2.0mm, 2.5mm, 3.0mm, 4.0mm, 4.5mm, 5.0mm
アシストガスの圧力 < 25 bar
重量 〜 3 kg

寸法